ハウコレライターを初めました

一押記事:笹野高史さんから心温まるメッセージ
 計画停電に関する話として掲載させて頂きましたが、全ての方に届けたい"言葉”です。
特にこの度「地震」で来られた方!
読んでからの退出を!

マン盆栽始めました。只、娘が一足先に・・・
P1120815.JPGタイトル:春の雪遊び

 検索でウッカリ立ち寄られた方も、そうで無い方も、記事の新旧にこだわらず足跡としてコメントでも残して下さいな。
 明日への活力に成りますんでね。

新カテゴリ:その時カエルは地震を予知したのか?
それに際しあわせてこちらの記事も一読頂けると幸いです。
今日のカエル君。連載(?)に於いての注意と心構え


カテゴリ:3/11日東北地方太平洋沖地震・計画停電

2011年03月05日

ギター一本背中にしょって

※この原稿は、今回(年度末で卒園特集、我が家では姫が卒園の回)結構な数を書いてしまったので、原稿数を削減する為、また出来もちょっとなぁだった為にボツにした原稿です。
 ちょっとなぁでしたが、この後載せたい記事の複線も加味し、載せちゃうことにしました。
 原文のまま(子供の名前だけはチェンジ)で発表させて頂きます。
 一つ断りを入れるならば、私は横書き原則の処を無理体に縦書きで書いており、またそのフォーム、ひな形を変えずに、そのフォームに合わせ読みやすい改行などしており、それがブログに置き換えた事で返って読みにくい事が、予想されます。
 ご勘弁下さいませ。


 姫は当然今回メインとして書いたし、蛙王子の話も書いた。もう一人を放っておくとむくれそうなので、長男バカボンの話を書こうかなと思います。時期卒園して四年が経つのですね。早いものです。バカボンはタンポポ(年中)からの入園でしたがそこそこのインパクトを残して卒園したのではと思います。今でも偶に、私に連れられ一緒にお迎えで、園児帰りしてますが、成長も少しはして居るんですよ。って話です。
 今年度にロックやろうぜ話を当季刊誌でぶったと思うのですが、そこで書いた様にギター、ギターまたギターな日々を送るバカボンなのですが、先日、ギター教室の先生が演奏するギグに行ってきました。コレで二度目になるのですが、前回は先生だけを聴いて帰る感じだったのに対し、今回は対バンの方達も含め、全部堪能して帰って来ました。全部です。
 それが猛烈に感化された様で、向こう側、つまりステージに上がる為の練習に、頭が切り替わったご様子で、今までは、早く練習を終わらせたい一心で、以前習った曲などは眼中になく、今習って居る曲だけ、それしかやらんもん!そんな態度が、逆転し積極的に。
 それもこれも、ロック界ではスタンダード20th Centuryの存在。コレはバカボンが初めて、覚えた曲で、また先のギグで対バンで出た方がバカボンを名指しで、バカボンの為の様に演奏して下さった曲。その事で二つ学んだ様で、一つ素直に曲が、演奏者がカッコイイと言う事。もう一つ、今自分が憧れのステージに確実に近づいている現実。自分のレパートリーが既にライヴハウスで演奏出来る曲である事。
 最初はさしもの私も、ギターを習うことに疑問抵抗を感じていたが、今はもう、十年先しか見えていない。ギター一本背中にしょわせて、世間に送り出してやろうと思うのだが、前回バンドの呼びかけをした程に、私自身が音楽に焦がれているが、追い抜かれたかも。

 今直しながら読み返して、ボツで正解だったなと再確認。
 てか、ココでもどうだろ?
posted by かわもともとい at 12:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 没ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月17日

ロックスター

子供の保育園で配られる季刊誌に出した原稿です。
 カミさんが編集員で6稿出して、良い様に便利使いされ、内容云々でなく却下された原稿です。

 ロックスターに憧れたあの頃、子供も生まれ親と成り、記憶の隅に追いやって仕舞った記憶。私にそれらの記憶を、呼び覚ましせたのは、事もあろうにその子供自身だった。
 バカボンのパパと呼ばれ無く成って久しい、一部ではまだこの呼び名の方がピンと来るかも知れないが、卒園して二年経ち記憶も薄れる。
 そんなバカボンは、実は卒園前から在る習い事を続けて居る。ズバリ、エレキギターだ。
  胎教でアイアンメイデンを初めメタル漬けで育ったバカボンは、文字通りの立派なメタル小僧に育った。誤解を招きそうなので、付け足すならば強制はして居ない。ギターレッスンも選曲も須く本人の意志で初め進めて居る。
 若かりし頃、私が断念したギターを当時の私よりも引きこなして居る。心境は複雑だ。
 最も、まだまだまだの駆け出しの小僧である事に違いは無く日々練習を積み重ねて居る。
 当然、練習もまだ一人では満足に出来ないので、日々私が付き添い指導し、ギター教室にも引率する事と成る。そんな事を数年続け、黙々と溜まる鬱憤が閉ざした記憶を揺さぶる。
 私がロックしたい!
 何だか堪らなく、そう感じるので在る。
 そう、私も以前はバンドを組んだ。ボーカルを遣り、ベースもかじった。最も、どちらも衰えて居るので、基礎から練習しなければ使い物に成ら無いのでは在るが、やりたい。
 そこで、ふと思い立つ、休眠中のバンドの再開だ。何より当バンドにはギターリストが所属して居らず。メロディ部もベースで補おうとしていた位なのだ。はて、ギターは此処に居るじゃないのと、安易に考えた訳ですね。
 良し早速と息巻いた物の、所詮は小二です、やっぱり修練がまだ足りない御様子でして、余計に鬱憤が溜まり、破裂寸前。私に共鳴される御父様、御母様、御爺様、御婆様いらっしゃいませんか?居ませんか、そうですね。
posted by かわもともとい at 10:43| Comment(4) | 没ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月05日

JAEは俳優さん!な・ん・だ・よ!!!

 JAEスペシャルイベントDVD 俺たち参上!!について、田中券朔(義妹)より以下のコメントを貰った。


えーと、声優さん好きの私から言うのも
なんですが。

特撮の人って出てきちゃNGだよ。
とか思ってしまう。

声優さんも画面に全面的に出るのは
うーんと首を捻りますがね。

以上コメント全文
 (太字は今回問題の部分である
 

以下は対する私の回答であります。

 さて、少々の誤解を解いておきたい。
 ハッキリと断言しておく、JAEは顔出しオッケーなのだ!

 ソニー千葉で知られるかの千葉真一氏現JJサニー千葉氏が発足主管されたJACが現JAEである。真田広之氏もココの出だし、スーツアクターを専門職としている訳では無いのだ
 つまり普通の俳優のカテゴライズなのだと言っても過言ではない。
 
 NG等と発言してしまうのは、無知から来る幻想だ。
 
 事実自分がスーツアクトしている作品に、顔出しの役者として出演している事は多い。
 イマジンの中身も一通り電王には出てる。
 もっと云えば、次回作の仮面ライダーキバには顔出しの役者として、イマジンズ4人の声優さんが顔出しして演技してますな。
 キンタロスのてらそまさんはホントに俳優さんだけどね。俳優さんが声優もやってるパターンだから。

 実際に子供向けに行われるイベントではかの様に配慮が観られる。

 埋め込み無効でココに貼れなかっtが、以下のYou Tubeを観て欲しい。
 http://www.youtube.com/watch?v=9qAgHW_y1aM
 ちゃんと配慮しているのである。

 上記映像もその一環であるが、「子供の夢を壊してはいけない」そう云う考えも思うに余りない、確かに子供の前での顔出しイベントは過去にあった。
 しかし本来は大人向けに行われたイベントであったと捉えるのが本筋で、実際子供よりも大人が多い。むしろ子供を連れてきた大人(親)側に問題があったとも言える。
 それに、そう云った事を踏まえて大好きな子供だっているのである。
 私なんかその一人であった。

 過去、私の年齢が公になってしまうが(あ!成ってるのか)、私がリアルタイムに観ていた戦隊物は戦隊物の本当の1作目で公式には3作目とされている電子戦隊デンジマン、私はデンジブルーが大好きで、レッドなんかおまけ程度にしか考えてなかった。司令官役の犬と初の変形ロボ、その三点しか観てなかった記憶がある。

 その理由を述べよう。
 電磁ブルー青梅大五郎は中も外も唯一同一人物、世界の大場健二氏だったからだ!
 デンジマンの終了を待つ様に始まった。
 宇宙刑事ギャバンも同様に大場氏が目的で、内容そっちのけで観ていた!
 今回はスーツアクターの兼任はされて居なかったが、大場健二氏のアクションカッコイイそれこそが視聴の理由、目的だった。

 電子戦隊デンジマン放送は1980年2月〜1981年1月と成って居るので私は当時2才から3才。
 宇宙刑事ギャバン放送は1982年3月〜1983年2月で私は4才から5才だ。

 そして、うっかり中身を知ってしまった蛙王子(当時3才)は、現戦隊物のシンケンジャーにおいて緑色だからという、単直な理由からシンケングリーンを応援していたが、シンケンゴールドのビールっ腹(失礼しました)を観るなり、中にキンタロスが入って居ると実感、瞬時に鞍替えしてシンケンゴールドを応援している。スーツアクターはどちらも岡本二郎氏なので、若干の誤解はある物の、私の幼少期と同様の構図。
 そもそも仮面ライダーも本郷猛も放送当初は藤岡弘氏であった。

 

khikari.jpg

(顔伏せる意味は無かったかな。まぁ面白そうだからやってみただけ。蛙王子だし)
 しかしこの写真、仮面ライダークウガのサムズアップに仮面ライダーWのTシャツと節操が無いな


 ま、我が家の話は特例かも知れないが。
 そもそも顔出しの俳優が、主な仕事としてスーツアクターをなさっていると解釈してもらえれば、解りやすいだろう。
 よって、NGだとかナンセンスみたいな事は無いのである
 

 そもそもあのイベントは、
優れた殺陣や
スタントアクションを
身につけた俳優達

フュチャリングしたイベントである。


 素直に「おおぉ!カ、カッックイイィ!!!!」って感じればそれで良し!
 それプラス、しゃべりもいけるなぁって思う。そう云う感じ?


 あんまり語っても、意見がぶつかったら水掛け論だが、解ってもらえたかなぁ?

posted by かわもともとい at 13:08| Comment(5) | 没ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月25日

「DEEP PURPLE」は世界共通言語だ!

 長くなるので又、没ネタ扱いで回答する。
 この記事についての諮問になります。

Q.えーと

 パソコンの周りの機械の話と
 先生オススメのCDの話

by田中


A.DEEP PURPLE知らないのはまじめに失礼な話なので、本気でこの台詞を初めて使う「ググれ!」
 ハードロックの先駆者だ!

次、ドライブの件。
 こっちは家電のビデオデッキのDVDレコーダーとDVDプレーヤーをイメージすると解りやすい。
 知っての通り、私はパソコンは自作派である。問題のコピ−専用機も自作機、何のコピーかと問うならばCDとDVDである。この度故障の為あえなく購入に至ったドライブもブルーレイは切り捨てた。アレはベータないしLDの二の舞と予測している。話が反れた。
 ドライブ云々が解らないのだろうと検討を付ける。
 そもそも質問にあたり言葉足らずなのだ。聞き返してこの内容なのだから、何が解らないのか、解らない。
 DVD・CDコンパチのドライブを使っている訳だが、大きく2種類に分けられる。読み込みしかできないドライブと書き込みも出来るドライブだ。
 つまり、プレーヤーとレコーダーの違い。
 読み込み専用機では書き込みが出来ない。つまり今回の場合、読み込み用のドライブと書き込みも出来るドライブを1台ずつ計2台のドライブを搭載していたのであるが、読み込み専用機は元気であるが、書き込みが出来るドライブが故障したのである。
 よって、パソコンにデータを取り込む事は出来るが、CDに書き込む事が出来ない。
 仮にコレが逆のドライブであれば、読み書きできるタイプなので、手間はかかるもCDをコピー(焼くと呼ばれる)することは出来た。いかんせん故障したのは書き込み側、中に入れても出す事が出来ない訳だ。
 
 また、最後の方で書いた「リミッターを外す」とは、出荷時に故障を防ぐ為に本来の最速の回転数からリミッターをかけて回転数を抑えられている。そのドライブの回転数をプログラムをいじって取っ払い最高速度まで回転させて使っている。と、まぁそんな意味。
 
posted by かわもともとい at 15:03| Comment(2) | 没ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月22日

渋谷信子嬢へのお返事

 コメントのお返事だったのだが、長すぎた。
 よって、没ネタ扱い。
 文章をコンパクトにまとめるのも必要なスキルの一つ、ダメな自分をまたしても暴露だな。


以下本分コピーと加筆修正

 当面そのままで良いと思います。
 カテゴリは後からでも変えられるので、当分そのままの「日記」一本で十分伝わるし、細分化する意味も無いのではと思う訳。
 現状通りダラダラ(特に悪い意味ではなく、私みたいに力まないで)と記事を書き続けて、溜まった段階で何となく似てる記事をカテゴリで一塊、二塊とすれば良いのでは無いかと考える。
 ダラッと書いて居ると、いざカテゴライズする段にどっちつかずの記事も出て来るが、修正してしまう事も加筆する事も出来る訳で、さしあたり、今はままで良いのでは無かろうかと思う訳ですな。

 確かにカテゴリ分けすると、そのカテゴリに会わせた記事が書けるから読みやすい記事が書ける。記事が読みやすければ集客力にもつながる。
 ちなみに「海底36cm」のカテゴリを見てもらいたい。あれはもう、手のほどこしようが無い失敗例。もうどう軌道修正すればよいのか、途方に暮れている。頭が痛い状態だな。


 さて、現時点でカテゴリ分けをするならばだ。

・日常描写(いわゆる日記だな)
・学校での出来事
・一度お店の紹介もあった
・自己アピールみたいの等(その為のブログだもの)
・漫画・アニメ・映画等の観賞批評とか

 こんな感じに分類出来るかな。
 無論自分でこう云った記事が今後増えるかもとか、そういったものも先行してカテゴライズしておくと、普段「あ!コレ書けるな!」と、ネタを拾い上げる事が出来る場合もある。
 カテゴリに限って云った場合では、この「書く」は「海底36cm」の失敗を踏まえて、慎重にカテゴライズしているのでうら恥ずかしいが参考にしてもらえればと思う。

 ブログ自体のベクトルは基本的に同じである訳で、参考に成れば私もうれしい。

 そんな感じか。

posted by かわもともとい at 17:53| Comment(4) | 没ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月02日

カッパがテーマの川柳

UMAとて
油断大敵
Googleマップ

ちなみにUMAを河童に置き換えるつもりで作ったけども
結構良い出来だと思ったが、
テーマがGoogleマップだったらなぁ。

あれ、凄いもん。
浮気がばれたりしてるらしいじゃない?
家の車もバッチリ映ってる。

でも、河童じゃなぁ
posted by かわもともとい at 12:31| Comment(0) | 没ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。