ハウコレライターを初めました

一押記事:笹野高史さんから心温まるメッセージ
 計画停電に関する話として掲載させて頂きましたが、全ての方に届けたい"言葉”です。
特にこの度「地震」で来られた方!
読んでからの退出を!

マン盆栽始めました。只、娘が一足先に・・・
P1120815.JPGタイトル:春の雪遊び

 検索でウッカリ立ち寄られた方も、そうで無い方も、記事の新旧にこだわらず足跡としてコメントでも残して下さいな。
 明日への活力に成りますんでね。

新カテゴリ:その時カエルは地震を予知したのか?
それに際しあわせてこちらの記事も一読頂けると幸いです。
今日のカエル君。連載(?)に於いての注意と心構え


カテゴリ:3/11日東北地方太平洋沖地震・計画停電

2011年10月05日

これがスランプって云うモノか

  昨日、不意に気付いた。
「これが俗に言う、スランプってヤツなのだろうか?」
 何が?いや、大した事では無い。何も書け無いのだ。
 只それだけの事。
 何を遣ろうにも、気力がわかない。
 書く事以前に、何事も気力が湧かない。
 何もかも遣る気が失せた為に、「書く」事も出来ないのだろうと、安直に考えもしたが、そもそも、全てに嫌気が射して居る原因を手繰ってみる。
 どうも、そもそもが書け無い事から、始まって居る気がして成らない。違う、明らかに書け無い事が、負担に成って居る。
 さしあたって、書け無い事を「書く」事から初めて見た。
 書け無い事を、ひとまず書いたが、帰って書け無い事に留めを射したかも知れない。
 書け無い。
 それだけを伝える事しか出来ていないでは無いか、奥行きがなさ過ぎる。
 文字の羅列は、文章とは言えない。
 もっとも、書け無いと云って居るのだから、書けて居たら、それはそれで、嘘に成るのかも知れないし、今は書けて居ないが正解なのだろうか?
 わからない。
 そういう自問から、先の「スランプ」と云う言葉が出た。書き様、書けようが無い。
 そう、「スランプ」の語源は生コン用語から来ている。
 今使った様な意味合いは、実は無い。
 単に沈んだ高さの測量であり、計測する試験の名称で、一般に使用される場合とは、かけ離れている。
 謎だ。
 本当のスランプなら、自信があるのだがなぁ。って、生コン屋やその関係やでもなけりゃ意味もわからないか。
 やはり、ダメだなぁ。
posted by かわもともとい at 11:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。